>  > カゴヤ vs FUTOKA 徹底比較

カゴヤ vs FUTOKA 徹底比較

カゴヤとFUTOKAの速度やスペック、特徴を徹底比較します。

速度比較

次の表はHostingStock.netが公開している、レンタルサーバー各社の動的ページ(PHPやMySQLを使って表示するタイミングで作成されるページ)と静的ページ(作成したページがそのまま表示されるページ)の表示速度ランキングです。

動的ページと静的ページの表示速度
動的ページ
(WordPress)
静的ページ
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
wpXレンタルサーバー 0.24 0.07 0.24 0.06
シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
Z.com WP 0.37 0.08 0.36 0.05
COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
エックスサーバー 0.40 0.12 0.23 0.03
Sova WP
(サービス終了)
0.43 0.21 0.43 0.31
シックスコア(FastCGI) 0.45 0.15 0.29 0.09
JETBOY 0.46 0.03 0.35 0.10
ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
旧ファイアバード
(現スターサーバー スタンダード)
0.62 0.32 0.38 0.20
旧ミニバード
(現スターサーバー ライト)
0.63 0.33 0.37 0.18
KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
ヘテムル 0.66 0.12 0.39 0.05
旧GMO WP Cloud
(新規申し込み終了)
0.66 0.22 0.66 0.23
Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
mixhost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
Z.com 共有 0.70 0.09 0.51 0.07
さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
旧クローバー
(現スターサーバー プレミアム)
0.75 0.31 0.56 0.29
ロリポップ(モジュール版) 0.80 0.16 0.37 0.06
X2 0.83 0.39 0.34 0.15
コアサーバー 0.84 0.26 0.74 0.16
mixhost 0.84 0.14 0.67 0.06
バリューサーバー 0.88 0.16 0.61 0.10
Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
FC2レンタルサーバー 2.72 0.67 2.41 0.66
フレンドサーバー 2.92 0.53 2.57 0.36
お名前.com 3.18 0.71 2.34 0.18
iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81

(上の表は横にスクロールできます)

(測定回数は1,000回~10,000回)

測定結果から、WordPressのようにPHPやMySQLを使う動的ページでも、HTMLとCSSとJavaScriptだけを使う静的ページでも、カゴヤは速いことがわかります。

両社ともにアダルト可

他のレンタルサーバーと比較して、カゴヤとFUTOKAの最も大きな特徴はアダルトサイトの運営が可能(ただしカゴヤはVPSとクラウドプランでは不可)なことです。

カゴヤが「アダルトサイトが実は可能です」と控えめな立場なのに対して、FUTOKAはトップページに堂々と「アダルトレンタルサーバーならFUTOKA」と宣言しており、両社の違いが出ています。

FC2との違い

アダルトサイトの運営が可能なレンタルサーバーと言えばFC2が有名です。

FC2との違いは、まず、FC2は海外にサーバーがあるのに対して、カゴヤとFUTOKAは国内にサーバーがあります。

そのため、FC2は国内の法律で禁止されているコンテンツを堂々と公開できる一方で、ページの表示速度は遅くなります。

FC2はサーバーが海外にあるという事情を悪用して違法配信を繰り返しています。さらに創業者が国際指名手配されたと報道されており(FC2側は否定)、また集団訴訟も多く、法律が変わればいつ封鎖されるかわかりません。

カゴヤにはメールとデータベースがないプランも

カゴヤの最も安いS10プランはデータベースが有料オプションでメール機能もありません。よって、メールとデータベースを全く使わない人はお得です。

FUTOKAの転送量は無制限ではなく実質20GB/日

FUTOKAの転送量は無制限となっていますが、公式サイトでは20GB/日が目安となっています。転送量が20GB/日を大きく超える日が続くと、おそらくなんらかの制限がかかるでしょう。

主要スペックの比較

カゴヤのS20プランとFUTOKAのスタンダードプランを比較します。

カゴヤとFUTOKAの比較
カゴヤ
(S20)
FUTOKA
(スタンダード)
初期費用 ¥3,240 ¥2,000
月額料金
(1年間契約時)
¥1,728 ¥1,980
ディスク容量 200GB 10GB
転送量制限 160GB/日 無制限
(実質20GB/日)
マルチドメイン 無制限 20
電話サポート
メールサポート
MySQL5 10GBまで
(利用は1GB単位)
無制限

(FUTOKAの価格は税抜き)

両社の価格が近いプランを比較すると、カゴヤは初期費用やディスク容量、転送量で優れています。

一方、FUTOKAはMySQL数で優れています。

カゴヤの特徴・メリット・デメリット

メリット

  1. サーバーの速度が速い
  2. セキュリティが頑丈
  3. マルチドメイン無制限

デメリット

  1. 最安プラン(S10プラン)はメールとデータベースが使えない
  2. データベースは実質10個(S20プラン)~実質20個(S30プラン)以下
  3. サーバースペックの割に価格が高い

(カゴヤの特徴・メリット・デメリットについてはカゴヤ 特徴・評判で詳しく紹介します。)

FUTOKAの特徴・メリット・デメリット

メリット

  1. アダルトサイトを運用できる
  2. データベース無制限

デメリット

  1. サーバースペックの割に価格が高い

(FUTOKAの特徴・メリット・デメリットについてはFUTOKA 特徴・評判で詳しく紹介します。)

注意

上記の情報は2018年1月時点のものです。最新のサービス内容とは異なる場合がございます。ご契約の際は、サービス内容の最終確認を公式サイト「カゴヤのレンタルサーバー」「FUTOKA」にてご確認下さい。