>  > エックスサーバー vs wpX 徹底比較

エックスサーバー vs wpX 徹底比較

エックスサーバーとwpXレンタルサーバーとwpXクラウドの速度やスペック、特徴を徹底比較します。

速度比較

次の表はHostingStock.netが公開している、レンタルサーバー各社の動的ページ(PHPやMySQLを使って表示するタイミングで作成されるページ)と静的ページ(作成したページがそのまま表示されるページ)の表示速度ランキングです。

動的ページと静的ページの表示速度
動的ページ
(WordPress)
静的ページ
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
wpXレンタルサーバー 0.24 0.07 0.24 0.06
シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
Z.com WP 0.37 0.08 0.36 0.05
COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
エックスサーバー 0.40 0.12 0.23 0.03
Sova WP
(サービス終了)
0.43 0.21 0.43 0.31
シックスコア(FastCGI) 0.45 0.15 0.29 0.09
JETBOY 0.46 0.03 0.35 0.10
ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
旧ファイアバード
(現スターサーバー スタンダード)
0.62 0.32 0.38 0.20
旧ミニバード
(現スターサーバー ライト)
0.63 0.33 0.37 0.18
KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
ヘテムル 0.66 0.12 0.39 0.05
旧GMO WP Cloud
(新規申し込み終了)
0.66 0.22 0.66 0.23
Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
mixhost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
Z.com 共有 0.70 0.09 0.51 0.07
さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
旧クローバー
(現スターサーバー プレミアム)
0.75 0.31 0.56 0.29
ロリポップ(モジュール版) 0.80 0.16 0.37 0.06
X2 0.83 0.39 0.34 0.15
コアサーバー 0.84 0.26 0.74 0.16
mixhost 0.84 0.14 0.67 0.06
バリューサーバー 0.88 0.16 0.61 0.10
Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
ロリポップ(CGI版) 0.95 0.16 0.39 0.07
ドメインキング 0.97 0.40 0.42 0.07
アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
FC2レンタルサーバー 2.72 0.67 2.41 0.66
フレンドサーバー 2.92 0.53 2.57 0.36
お名前.com 3.18 0.71 2.34 0.18
iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81

(上の表は横にスクロールできます)

(測定回数は1,000回~10,000回)

測定結果から、wpXクラウドとwpXレンタルサーバーの速度はWordPressのようにPHPやMySQLを使う動的ページでも、HTMLとCSSとJavaScriptだけを使う静的ページでも、非常に速いことがわかります。

一方、エックスサーバーはサーバーにSSD RAID10を採用し、HTTP/2やFastCGIを使ってサーバーの処理速度を高速化させています。

エックスサーバーは混雑時にサーバー速度が非常に遅い

エックスサーバーの公式ホームページでは「1台のサーバーに収容されるユーザ数を一定数に制限する」と掲載されていますが、評判のエックスサーバー(XServer)のサーバー収容人数はどれくらい?によると、実際には1サーバーに170人収容されています。

よって同価格帯の他社のレンタルサーバーに比べて、収容人数が多いです。

そのため、わんどのweb「低価格レンタルサーバーの速度比較」で計測されているように、夜間などの混雑する時間帯に、サーバーの速度は昼間に比べて非常に遅くなります。(下の表)

サーバーの時間帯別速度
レンタルサーバー
(プラン)
平日夕方計測 土曜昼計測 土曜夜計測
エックスサーバー
(X10)
2,774.8ms 2,625.0ms 3,965.6ms
ファイアバード 2,565.2ms 3,109.6ms 3,165.4ms
さくら
(スタンダード)
3,778ms 3,300.6ms 3,828.2ms
ロリポップ!
(ライト)
(計測せず) 2,853.0ms 3,184.4ms
コアサーバー
(CORE-B)
(計測せず) 4,953.2ms 5,587.6ms
fc2 14,100ms 9,806.2ms (計測できず)
iCLUSTA 14,247ms 13,650ms 14,959.4ms
ローカル(参考値) 46.8ms 71.8ms 62.6ms

(上の表は横にスクロールできます)

(値が小さいほど高速)

上記の結果から、エックスサーバーは混雑時にサーバー速度が非常に遅くなることがわかります。

wpXはWordPressしか運用できない

wpXレンタルサーバーとwpXクラウドはキャッシュ機能を使うことで高速化を実現しています。

ただし、wpXレンタルサーバーとwpXクラウドはWordPressしか運用できません。さらに、キャッシュ系のプラグインが使えません。

主要スペックの比較

エックスサーバーのX10プランとwpXレンタルサーバーの標準プランとwpXクラウドのグレードBプランの主要部分を比較します。

エックスサーバーとwpXレンタルサーバーとwpXクラウド比較
エックスサーバー
(X10)
wpXレンタルサーバー wpXクラウド
(グレードB)
初期費用 ¥3,000 ¥5,000 ¥0
月額料金
(1年間契約時)
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
ディスク容量 200GB
(SSD RAID10)
30GB
(SSD RAID10)
20GB
(SSD RAID10)
転送量制限 70GB/日 50GB/日 700GB/月
想定訪問数超過時の従量課金 なし なし なし
マルチドメイン 無制限 10 1
CPU Xeon E5-2630v3 ×2
(8コア/16スレッド)
不明 不明
メモリ 192GB 不明 不明
収容人数 170人程度 不明 不明
電話サポート
メールサポート
MySQL5 50個 10個 1個

(価格は税抜き)

3社を比較すると、エックスサーバーのX10プランは転送量やマルチドメイン数、MySQL数、ディスク容量が優れています。

一方、wpXクラウドは初期費用無料というメリットがありますが、マルチドメインやMySQL数が1個だけです。

wpXレンタルサーバーは初期費用が最も高いですが、wpXクラウドのデメリットを補ったサーバーです。

エックスサーバーのメリット・デメリット

メリット

  1. 転送量が多い
  2. マルチドメインとメールアドレスが無制限
  3. 利用者が多いので、ネット上にマニュアルが豊富にある
  4. サポートが良い

デメリット

  1. アクセスが増えるとすぐにリソース制限がかけられる
  2. 収容人数が多いため、夜間などのアクセスが集中する時間帯は、サーバー速度が遅くなる
  3. 最安プランでも月額1,000円(税別)のため、初心者には手が出しにくい

(エックスサーバーの特徴・メリット・デメリットについてはエックスサーバー 特徴・評判で詳しく紹介します。)

wpXレンタルサーバーメリット・デメリット

メリット

  1. SSDやキャッシュ機能により、共有レンタルサーバーの数倍の速度
  2. 簡単な操作性
  3. 24時間365日サポート対応

デメリット

  1. WordPressで作成したサイトしか運用できない
  2. 使用できないプラグインがいくつかある。特に、キャッシュ系プラグインとは併用できない
  3. 常にキャッシュ処理が稼働しており、CSSなどの反映には時間がかかる。キャッシュをクリアするには記事を更新する必要あり
  4. SSH、cron、WordPressのマルチサイト化には非対応

(wpXレンタルサーバーメリット・デメリットについてはwpXレンタルサーバー 特徴・評判で詳しく紹介します。)

wpXクラウドのメリット・デメリット

メリット

  1. SSDやキャッシュ機能により、共有レンタルサーバーの数倍の速度
  2. 初期費用無料
  3. 簡単な操作性
  4. 24時間365日サポート対応

デメリット

  1. WordPressで作成したサイトしか運用できない
  2. マルチドメインは1個だけ
  3. 使用できないプラグインがいくつかある。特に、キャッシュ系プラグインとは併用できない
  4. 常にキャッシュ処理が稼働しており、CSSなどの反映には時間がかかる。キャッシュをクリアするには記事を更新する必要あり
  5. SSH、cron、メール機能、WordPressのマルチサイト化には非対応

(wpXクラウドのメリット・デメリットについてはwpXクラウド 特徴・評判で詳しく紹介します。)

注意

上記の情報は2018年1月時点のものです。最新のサービス内容とは異なる場合がございます。ご契約の際は、サービス内容の最終確認を公式サイト「エックスサーバー」「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」にてご確認下さい。