>  > さくらvsロリポップ、徹底比較

さくらvsロリポップ、徹底比較

さくらのレンタルサーバとロリポップの速度やスペック、特徴を徹底比較します。

速度比較

次の表はHostingStock.netが公開している、レンタルサーバー各社の動的ページ(PHPやMySQLを使って表示するタイミングで作成されるページ)と静的ページ(作成したページがそのまま表示されるページ)の表示速度ランキングです。

動的ページと静的ページの表示速度
動的ページ
(WordPress)
静的ページ
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
wpXレンタルサーバー 0.24 0.07 0.24 0.06
シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
Z.com WP 0.37 0.08 0.36 0.05
COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
エックスサーバー 0.40 0.12 0.23 0.03
Sova WP
(サービス終了)
0.43 0.21 0.43 0.31
シックスコア(FastCGI) 0.45 0.15 0.29 0.09
JETBOY 0.46 0.03 0.35 0.10
ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
旧ファイアバード
(現スターサーバー スタンダード)
0.62 0.32 0.38 0.20
旧ミニバード
(現スターサーバー ライト)
0.63 0.33 0.37 0.18
KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
ヘテムル 0.66 0.12 0.39 0.05
旧GMO WP Cloud
(新規申し込み終了)
0.66 0.22 0.66 0.23
Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
mixhost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
Z.com 共有 0.70 0.09 0.51 0.07
さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
旧クローバー
(現スターサーバー プレミアム)
0.75 0.31 0.56 0.29
ロリポップ(モジュール版) 0.80 0.16 0.37 0.06
X2 0.83 0.39 0.34 0.15
コアサーバー 0.84 0.26 0.74 0.16
mixhost 0.84 0.14 0.67 0.06
バリューサーバー 0.88 0.16 0.61 0.10
Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
ロリポップ(CGI版) 0.95 0.16 0.39 0.07
ドメインキング 0.97 0.40 0.42 0.07
アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
FC2レンタルサーバー 2.72 0.67 2.41 0.66
フレンドサーバー 2.92 0.53 2.57 0.36
お名前.com 3.18 0.71 2.34 0.18
iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81

(上の表は横にスクロールできます)

(測定回数は1,000回~10,000回)

ロリポップはPHPにモジュール版を採用することで高速化を図っています。

一方、さくらは動的ページには遅く、静的ページには速いことがわかります。

モジュール版PHPは速いが、悪影響も大きい

モジュール版PHPはアクセス数が多い時に大きな威力を発揮します。また、ロリポップは転送量が少ないため、普段は転送量が少なくて夜間などにアクセス数が多いユーザーにはモジュール版PHPが向いています。

一方、本当にモジュール版PHPが素晴らしいのなら、他社の様々な共有レンタルサーバーでも採用しているハズです。

しかし実際には、さくらの共有サーバーの最上位プランとロリポップとヘテムルを除いて、有名な共有レンタルサーバーではモジュール版PHPの採用例がほとんどありません。

モジュール版PHPを採用しない理由は、セキュリティ面の不安と、アクセスの多いユーザーが共有サーバー全体の速度を下げてしまう悪影響があるからです。

エックスサーバーのようにCGI版PHPの替わりにFastCGIを採用しているサーバーが多いですが、PHPを高速化するならFastCGIの方が無難かもしれません。

主要スペックの比較

さくらのレンタルサーバの「スタンダード」プランとロリポップの「ライト」プランの主要部分を比較します。

さくらとロリポップ比較
さくら
(スタンダード)
ロリポップ
(ライト)
初期費用 ¥1,029 ¥1,500
月額料金
(1年間契約時)
¥429 ¥250
ディスク容量 100GB 50GB
転送量制限 80GB/日 60GB/日
マルチドメイン 20 50
CPU Xeon E312xx
(4コア/4スレッド)
6コア12スレッドCPU×2
メモリ 18GB 10GB
収容人数 120人程度 不明
電話サポート ×
メールサポート
MySQL5 20個 1個

(ロリポップの価格は税抜き)

主要スペックを見る限り、さくらはディスク容量や転送量、MySQLの数で上回っている一方、ロリポップは月額料金やマルチドメイン数で優勢です。

さくらのレンタルサーバの特徴・メリット・デメリット

特徴

さくらのレンタルサーバは国内最大級244Gbpsのバックボーン回線を有し、サポートとコストパフォーマンスを両立したレンタルサーバーです。様々なアフィリエイトサイトのサーバーを調べるとさくらインターネットの利用者がNo.1でした。

メリット

  1. サーバーが安定している
  2. 電話サポートがある
  3. 転送量が多く、アクセスが集中した際は転送量を通常の3倍に増やせる
  4. 利用者が多いので、ネット上にマニュアルが豊富にある

デメリット

  1. 上位プランへ変更する際には、アカウントを取り直す必要がある
  2. WordPressなどのPHPやMySQLを用いるものは速度が遅い

(さくらのレンタルサーバの特徴・メリット・デメリットについてはさくらのレンタルサーバ 特徴・評判で詳しく紹介します。)

ロリポップの特徴・メリット・デメリット

特徴

ロリポップはマニュアルが豊富で管理画面も使いやすいことから、アフィリエイト初心者に人気のレンタルサーバーです。

メリット

  1. マニュアルが充実している
  2. 管理画面が使いやすい

デメリット

  1. インデックス化が遅い

(ロリポップの特徴・メリット・デメリットについてはロリポップ 特徴・評判で詳しく紹介します。)

注意

上記の情報は2018年1月時点のものです。最新のサービス内容とは異なる場合がございます。ご契約の際は、サービス内容の最終確認を公式サイト「さくらインターネット 」「ロリポップ! 」にてご確認下さい。