>  > ロリポップ vs wpX 徹底比較

ロリポップ vs wpX 徹底比較

ロリポップとwpXレンタルサーバーとwpXクラウドの速度やスペック、特徴を徹底比較します。

速度比較

次の表はHostingStock.netが公開している、レンタルサーバー各社の動的ページ(PHPやMySQLを使って表示するタイミングで作成されるページ)と静的ページ(作成したページがそのまま表示されるページ)の表示速度ランキングです。

動的ページと静的ページの表示速度
動的ページ
(WordPress)
静的ページ
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
wpXレンタルサーバー 0.24 0.07 0.24 0.06
シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
Z.com WP 0.37 0.08 0.36 0.05
COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
エックスサーバー 0.40 0.12 0.23 0.03
Sova WP
(サービス終了)
0.43 0.21 0.43 0.31
シックスコア(FastCGI) 0.45 0.15 0.29 0.09
JETBOY 0.46 0.03 0.35 0.10
ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
旧ファイアバード
(現スターサーバー スタンダード)
0.62 0.32 0.38 0.20
旧ミニバード
(現スターサーバー ライト)
0.63 0.33 0.37 0.18
KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
ヘテムル 0.66 0.12 0.39 0.05
旧GMO WP Cloud
(新規申し込み終了)
0.66 0.22 0.66 0.23
Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
mixhost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
Z.com 共有 0.70 0.09 0.51 0.07
さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
旧クローバー
(現スターサーバー プレミアム)
0.75 0.31 0.56 0.29
ロリポップ(モジュール版) 0.80 0.16 0.37 0.06
X2 0.83 0.39 0.34 0.15
コアサーバー 0.84 0.26 0.74 0.16
mixhost 0.84 0.14 0.67 0.06
バリューサーバー 0.88 0.16 0.61 0.10
Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
ロリポップ(CGI版) 0.95 0.16 0.39 0.07
ドメインキング 0.97 0.40 0.42 0.07
アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
FC2レンタルサーバー 2.72 0.67 2.41 0.66
フレンドサーバー 2.92 0.53 2.57 0.36
お名前.com 3.18 0.71 2.34 0.18
iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81

(上の表は横にスクロールできます)

(測定回数は1,000回~10,000回)

測定結果から、wpXクラウドとwpXレンタルサーバーの速度はWordPressのようにPHPやMySQLを使う動的ページでも、HTMLとCSSとJavaScriptだけを使う静的ページでも、非常に速いことがわかります。

モジュール版PHPは速いが、悪影響も大きい

モジュール版PHPはアクセス数が多い時に大きな威力を発揮します。また、ロリポップは転送量が少ないため、普段は転送量が少なくて夜間などにアクセス数が多いユーザーにはモジュール版PHPが向いています。

一方、本当にモジュール版PHPが素晴らしいのなら、他社の様々な共有レンタルサーバーでも採用しているハズです。

しかし実際には、さくらの共有サーバーの最上位プランとロリポップとヘテムルを除いて、有名な共有レンタルサーバーではモジュール版PHPの採用例がほとんどありません。

モジュール版PHPを採用しない理由は、セキュリティ面の不安と、アクセスの多いユーザーが共有サーバー全体の速度を下げてしまう悪影響があるからです。

エックスサーバーのようにCGI版PHPの替わりにFastCGIを採用しているサーバーが多いですが、PHPを高速化するならFastCGIの方が無難かもしれません。

wpXはWordPressしか運用できない

wpXレンタルサーバーとwpXクラウドはキャッシュ機能を使うことで高速化を実現しています。

ただし、wpXレンタルサーバーとwpXクラウドはWordPressしか運用できません。さらに、キャッシュ系のプラグインが使えません。

主要スペックの比較

ロリポップのスタンダードプラン、wpXレンタルサーバーの標準プラン、wpXクラウドのグレードAプランを比較します。

ロリポップとwpXレンタルサーバーとwpXクラウドの比較
ロリポップ
(スタンダード)
wpXレンタルサーバー wpXクラウド
(グレードA)
初期費用 ¥1,500 ¥5,000 ¥0
月額料金
(1年間契約時)
¥500 ¥1,000 ¥500
ディスク容量 120GB 30GB
(SSD RAID10)
10GB
(SSD RAID10)
転送量制限 100GB/日 50GB/日 300GB/月
マルチドメイン 100 10 1
CPU 6コア12スレッドCPU×2 不明 不明
メモリ 10GB 不明 不明
電話サポート
メールサポート
MySQL5 30個 10個 1個
メール機能 ×

(価格は税抜き)

各社のプランを比較すると、ロリポップはディスク容量と転送量、マルチドメイン数、MySQL数に大きなメリットがあります。

次に、wpXレンタルサーバーは初期費用や月額料金が高くなる一方で、メリットはほとんどありません。

最後に、wpXクラウドは初期費用が無料というメリットがありますが、クラウド型のサーバーのため、マルチドメイン数や転送量、MySQL数が少ないです。メール機能もありません。

ロリポップの特徴・メリット・デメリット

特徴

ロリポップはマニュアルが豊富で管理画面も使いやすいことから、アフィリエイト初心者に人気のレンタルサーバーです。

メリット

  1. マニュアルが充実している
  2. 管理画面が使いやすい

デメリット

  1. インデックス化が遅い

(ロリポップの特徴・メリット・デメリットについてはロリポップ 特徴・評判で詳しく紹介します。)

wpXレンタルサーバーメリット・デメリット

メリット

  1. SSDやキャッシュ機能により、共有レンタルサーバーの数倍の速度
  2. 簡単な操作性
  3. 24時間365日サポート対応

デメリット

  1. WordPressで作成したサイトしか運用できない
  2. 使用できないプラグインがいくつかある。特に、キャッシュ系プラグインとは併用できない
  3. 常にキャッシュ処理が稼働しており、CSSなどの反映には時間がかかる。キャッシュをクリアするには記事を更新する必要あり
  4. SSH、cron、WordPressのマルチサイト化には非対応

(wpXレンタルサーバーメリット・デメリットについてはwpXレンタルサーバー 特徴・評判で詳しく紹介します。)

wpXクラウドのメリット・デメリット

メリット

  1. SSDやキャッシュ機能により、共有レンタルサーバーの数倍の速度
  2. 初期費用無料
  3. 簡単な操作性
  4. 24時間365日サポート対応

デメリット

  1. WordPressで作成したサイトしか運用できない
  2. マルチドメインは1個だけ
  3. 使用できないプラグインがいくつかある。特に、キャッシュ系プラグインとは併用できない
  4. 常にキャッシュ処理が稼働しており、CSSなどの反映には時間がかかる。キャッシュをクリアするには記事を更新する必要あり
  5. SSH、cron、メール機能、WordPressのマルチサイト化には非対応

(wpXクラウドのメリット・デメリットについてはwpXクラウド 特徴・評判で詳しく紹介します。)

注意

上記の情報は2018年1月時点のものです。最新のサービス内容とは異なる場合がございます。ご契約の際は、サービス内容の最終確認を公式サイト「ロリポップ!」「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」にてご確認下さい。