>  > ミニバードvsファイアバード、徹底比較

ミニバードvsファイアバード、徹底比較

ミニバードとファイアバードの速度やスペック、特徴を徹底比較します。

速度比較

WordPressはPHPで作成されたCMSです。そのため、PHPならびにMySQLの処理速度が速いサーバーを使えば、サイトの表示速度も速くなります。

次の表は、「レンタルサーバー比較しました」で測定された動的ページ(PHPとMySQL)の処理速度を比較したものです。

動的ページの速度比較
レンタルサーバー
(プラン)
最高速度 平均速度
ヘテムル(標準) 19.50 17.21
さくら(スタンダード) 13.08 11.10
さくら(プレミアム) 10.53 9.65
さくら(ビジネス) 12.28 11.64
さくら(ビジネスプロ) 13.42 12.71
エックスサーバー(X10) 24.83 22.50
エックスサーバー(X20) 26.14 24.07
エックスサーバー(X30) 25.05 23.62
エックスツー(スタンダード) 26.47 22.83
エックスツー(アドバンスド) 34.06 28.71
wpX(標準) 82.98 56.90
バリューサーバー(エコ) 20.97 18.48
バリューサーバー(スタンダード) 21.95 19.87
バリューサーバー(ビジネス) 19.60 18.88
コアサーバー(CORE-MINI) 7.60 7.02
コアサーバー(CORE-A) 7.29 6.95
コアサーバー(CORE-B) 8.22 7.63
コアサーバー(CORE-C) 16.31 15.39
コアブログ(標準) 7.73 6.82
旧ミニバード(現スターサーバー ライト) 20.99 18.15
旧ファイアバード(現スターサーバー スタンダード) 24.23 19.86
旧クローバー(現スターサーバー プレミアム) 23.45 22.38

(数字が大きいほど高速、測定回数は5回)

結果を見ると、ミニバードよりファイアバードの平均速度の方が速いことがわかります。これはサーバーのスペックや収容人数の違いが影響を与えているのでしょう。

一方で、表には出ていませんが、HTML・CSS・JavaScriptだけでサイトを運営している場合は、ミニバードとファイアバードのどちらを使ってもほとんど同じ速度です。

主要スペックの比較

ミニバードとファイアバードの比較
ミニバード ファイアバード
初期費用 ¥1,500 ¥2,000
月額料金
(1年間契約時)
¥250 ¥500
ディスク容量 50GB 100GB
転送量制限 150GB/月 300GB/月
マルチドメイン 50 無制限
CPU Xeon L3426
(4コア/8スレッド)
Xeon L3426
(4コア/8スレッド)
メモリ 12GB 12GB
収容人数 推定200人 推定110人
電話サポート × ×
メールサポート
MySQL5 5個 10個

(価格は税抜き)

ミニバードの特徴・メリット・デメリット

特徴

ミニバードはマニュアルが豊富で管理画面も使いやすいことから、アフィリエイト初心者に人気のレンタルサーバーです。

メリット

  1. サーバーが安定している
  2. マニュアルが充実している
  3. マルチドメイン数が多い

デメリット

  1. 価格の割にMySQLの数や転送量が少ない

(ミニバードの特徴・メリット・デメリットについてはミニバード 特徴・評判で詳しく紹介します。)

ファイアバードの特徴・メリット・デメリット

特徴

ファイアバードはマルチドメインが無制限のため、多くのサイトを運営している方に向いています。

メリット

  1. マニュアルが充実している
  2. マルチドメインが無制限

デメリット

  1. 価格の割にMySQLの数や転送量が少ない

(ファイアバードの特徴・メリット・デメリットについてはファイアバード 特徴・評判で詳しく紹介します。)

注意

上記の情報は2018年1月時点のものです。最新のサービス内容とは異なる場合がございます。ご契約の際は、サービス内容の最終確認を公式サイト「旧ミニバード(現スターサーバー)」「旧ファイアバード(現スターサーバー)」にてご確認下さい。