>  > wpX vs シックスコア 徹底比較

wpX vs シックスコア 徹底比較

wpXレンタルサーバーとwpXクラウドとシックスコアの速度やスペック、特徴を徹底比較します。

速度比較

次の表はHostingStock.netが公開している、レンタルサーバー各社の動的ページ(PHPやMySQLを使って表示するタイミングで作成されるページ)と静的ページ(作成したページがそのまま表示されるページ)の表示速度ランキングです。

動的ページと静的ページの表示速度
動的ページ
(WordPress)
静的ページ
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
平均時間
(秒)
ばらつき
(秒)
wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
wpXレンタルサーバー 0.24 0.07 0.24 0.06
シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
Z.com WP 0.37 0.08 0.36 0.05
COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
エックスサーバー 0.40 0.12 0.23 0.03
Sova WP
(サービス終了)
0.43 0.21 0.43 0.31
シックスコア(FastCGI) 0.45 0.15 0.29 0.09
JETBOY 0.46 0.03 0.35 0.10
ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
旧ファイアバード
(現スターサーバー スタンダード)
0.62 0.32 0.38 0.20
旧ミニバード
(現スターサーバー ライト)
0.63 0.33 0.37 0.18
KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
ヘテムル 0.66 0.12 0.39 0.05
旧GMO WP Cloud
(新規申し込み終了)
0.66 0.22 0.66 0.23
Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
mixhost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
Z.com 共有 0.70 0.09 0.51 0.07
さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
旧クローバー
(現スターサーバー プレミアム)
0.75 0.31 0.56 0.29
ロリポップ(モジュール版) 0.80 0.16 0.37 0.06
X2 0.83 0.39 0.34 0.15
コアサーバー 0.84 0.26 0.74 0.16
mixhost 0.84 0.14 0.67 0.06
バリューサーバー 0.88 0.16 0.61 0.10
Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
ロリポップ(CGI版) 0.95 0.16 0.39 0.07
ドメインキング 0.97 0.40 0.42 0.07
アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
FC2レンタルサーバー 2.72 0.67 2.41 0.66
フレンドサーバー 2.92 0.53 2.57 0.36
お名前.com 3.18 0.71 2.34 0.18
iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81

(上の表は横にスクロールできます)

(測定回数は1,000回~10,000回)

測定結果から、wpXクラウドとwpXレンタルサーバーの速度はWordPressのようにPHPやMySQLを使う動的ページでも、HTMLとCSSとJavaScriptだけを使う静的ページでも、非常に速いことがわかります。

一方、シックスコアはmod_pagespeedやFastCGI、APC/OPcache機能を採用することで、PHPやサーバーの処理速度を向上させてサーバーを高速化しています。

次の表は、その高速化機能の比較表です。

エックスサーバー、X2、シックスコアの高速化機能
エックスサーバー X2 シックスコア
mod_pagespeed
FastCGI
APC/OPcache
Xキャッシュ ×

※mod_pagespeedeとは、Google社が開発した拡張モジュールであり、CSSファイルやJavaScriptファイルの圧縮、HTMLの最適化などができます。
※FastCGIとは、CGIプログラムのプロセスをメモリ上に永続化させることで処理速度を高速化する機能です。
※APCやOPcacheとは、PHPの初回実行時に、PHPの内容を最適化した状態でキャッシュする機能です。
※Xキャッシュとは、エックスサーバー社の独自機能であり、サイトの表示内容を一時的にキャッシュする機能です。

wpXはWordPressしか運用できない

wpXレンタルサーバーとwpXクラウドはキャッシュ機能を使うことで高速化を実現しています。

ただし、wpXレンタルサーバーとwpXクラウドはWordPressしか運用できません。さらに、キャッシュ系のプラグインが使えません。

主要スペックの比較

「wpXレンタルサーバーの標準プラン」と「wpXクラウドのグレードBプラン」と「シックスコアのS1プラン」の主要部分を比較します。

wpXとシックスコアの比較
wpXレンタルサーバー wpXクラウド
(グレードB)
シックスコア
(S1)
初期費用 ¥5,000 ¥0 ¥6,000
月額料金
(1年間契約時)
¥1,000 ¥1,000 ¥1,800
ディスク容量 30GB
(SSD RAID10)
20GB
(SSD RAID10)
50GB
転送量制限 50GB/日 700GB/月 70GB/日
マルチドメイン 10 1 5
電話サポート
メールサポート
MySQL5 10個 1個 5個

(上の表は横にスクロールできます)

(価格は税抜き)

月額料金の近い3プランを比較すると、wpXレンタルサーバーはMySQL数が最も多いですが、初期費用が高額です。

次に、wpXクラウドは初期費用無料というメリットがありますが、マルチドメインやMySQL数が1個だけです。

最後に、シックスコアは転送量やディスク容量が多い一方で、初期費用や月額料金が高いです。

wpXレンタルサーバーメリット・デメリット

メリット

  1. SSDやキャッシュ機能により、共有レンタルサーバーの数倍の速度
  2. 簡単な操作性
  3. 24時間365日サポート対応

デメリット

  1. WordPressで作成したサイトしか運用できない
  2. 使用できないプラグインがいくつかある。特に、キャッシュ系プラグインとは併用できない
  3. 常にキャッシュ処理が稼働しており、CSSなどの反映には時間がかかる。キャッシュをクリアするには記事を更新する必要あり
  4. SSH、cron、WordPressのマルチサイト化には非対応

(wpXレンタルサーバーメリット・デメリットについてはwpXレンタルサーバー 特徴・評判で詳しく紹介します。)

wpXクラウドのメリット・デメリット

メリット

  1. SSDやキャッシュ機能により、共有レンタルサーバーの数倍の速度
  2. 初期費用無料
  3. 簡単な操作性
  4. 24時間365日サポート対応

デメリット

  1. WordPressで作成したサイトしか運用できない
  2. マルチドメインは1個だけ
  3. 使用できないプラグインがいくつかある。特に、キャッシュ系プラグインとは併用できない
  4. 常にキャッシュ処理が稼働しており、CSSなどの反映には時間がかかる。キャッシュをクリアするには記事を更新する必要あり
  5. SSH、cron、メール機能、WordPressのマルチサイト化には非対応

(wpXクラウドのメリット・デメリットについてはwpXクラウド 特徴・評判で詳しく紹介します。)

シックスコアのメリット・デメリット

メリット

  1. サーバーの速度が速い
  2. 転送量が多い
  3. サポートが良い

デメリット

  1. マルチドメイン数やデータベース数が少ない
  2. 最安プランでも1800円/月(税別)のため、初心者には手が出しにくい

(シックスコアの特徴・メリット・デメリットについてはシックスコア 特徴・評判で詳しく紹介します。)

注意

上記の情報は2018年1月時点のものです。最新のサービス内容とは異なる場合がございます。ご契約の際は、サービス内容の最終確認を公式サイト「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」「シックスコア」にてご確認下さい。